• AMラジオ四国4局共同制作
  • RNC西日本放送ホームページへ
  • JRT四国放送ホームページへ
  • RKC高知放送ホームページへ
  • 南海放送ホームページへ

香川県内霊場めぐり

四国霊場第八十一番札所 白峯寺の想い。

2018年3月18日(日)

今回訪れたのは坂出市青海町の白峯寺

本堂などが国の重要文化財に指定されたことをうけ、記念指定事業を行っています。

 

指定を受けたのは、本堂、崇徳上皇の御廟所の頓證寺殿など9棟。歴史ある建物が今も残っているところが評価されたのでは。。とのこと。

納経とは別に「奥の院」「十一面観音」「白峰大権現」の三種類の納経を行うと、一種類につき、散華の蓮の花を模したシールが授与されます。2019年までは白、2020年からは赤色。

 

取材寺、山の奥に厳かに佇む白峯寺には、少し残る雪とともに、ぴーんと張り詰めた。。

だけれどもやさしい空気が流れていました。

 

Facebook にシェア

3月18日放送内容の再生はこちらから  
これまでの放送が音でも楽しめます。今すぐクリック!
カテゴリー:シーズン2】 【タグ:

へんろ道 四国八十八ヶ所・四季を詠む

2018年3月11日(日)

高松市にお住まいの星川叔子さんは、77才の人生を記念して俳句集を出版しました。

愛媛出身の星川さんは、幼き頃から俳句に親しみ、今も仲間と楽しんでいます。

 

かつて友人と八十八ヶ所をめぐる遍路旅をしたとき、折々の季節や風の動きなどを俳句に詠みました。

このたび友人から写真の提供を受け、俳句と写真がコラボした句集を出版。

2回目は、星川さんにとって思い出深い、85番札所「八栗寺」で詠んだ句と、上がり三ヵ寺の俳句を紹介します。

Facebook にシェア

3月11日放送内容の再生はこちらから  
これまでの放送が音でも楽しめます。今すぐクリック!
カテゴリー:シーズン2】 【タグ:

へんろ道 四国八十八ヶ所・四季を詠む

2018年3月4日(日)

高松市にお住まいの星川叔子さんは、77才の人生を記念して俳句集を出版しました。

愛媛出身の星川さんは、幼き頃から俳句に親しみ、今も仲間と楽しんでいます。

 

かつて友人と八十八ヶ所をめぐる遍路旅をしたとき、折々の季節や風の動きなどを俳句に詠みました。

このたび友人から写真の提供を受け、俳句と写真がコラボした句集を出版。

1回目は、ここまでに至るいきさつや、札所前半の句を紹介します。

Facebook にシェア

3月4日放送内容の再生はこちらから  
これまでの放送が音でも楽しめます。今すぐクリック!
カテゴリー:シーズン2】 【タグ: