• AMラジオ四国4局共同制作
  • RNC西日本放送ホームページへ
  • JRT四国放送ホームページへ
  • RKC高知放送ホームページへ
  • 南海放送ホームページへ

二十一番札所 太龍寺

2016年12月25日(日)

徳島県阿南市の二十一番札所 太龍寺は、標高618メートルの太龍寺山の山頂近くに本堂、大師堂、多宝塔など数々の建物を擁する一大伽藍で、「西の高野」と呼ばれています。若き日の弘法大師が、百日間に渡って「虚空蔵求聞持法(こくうぞうぐもんじほう)」の修行をした場所でもあります。
四国遍路の難所と言われる太龍寺ですが、平成4年にロープウェイが完成して、参拝しやすいお寺になりました。全長2775メートルの、西日本で最も長いロープウェイです。地元の紙芝居ボランティアグループ「どんぐり」は、年に3、4回、ロープウェイのゴンドラの中で、お遍路さんへのお接待として紙芝居を上演しています。片道10分の間に、1話約1分の演目を10話。太龍寺の縁起や弘法大師の龍退治など、すべて地元に伝わる昔話です。

Share on Facebook

12月25日放送内容の再生はこちらから  
これまでの放送が音でも楽しめます。今すぐクリック!
カテゴリー:シーズン2】 【タグ: