• AMラジオ四国4局共同制作
  • RNC西日本放送ホームページへ
  • JRT四国放送ホームページへ
  • RKC高知放送ホームページへ
  • 南海放送ホームページへ

「接待木」実のなる木

2016年7月10日(日)

「接待木」実のなる木の植樹が始まったのは、今から9年前の2007年7月。

遍路道に実のなる木を植樹し、お遍路さんに実った果実を自由に食べてもらおうというものです。

この接待木の発案者である四国遍路友の会会長 松岡敬文さんとこの活動に賛同し結成された高松市立高松第一高等学校「IOM(一校お遍路もてない隊)88」の生徒2名にお話を伺いました。

待ち合わせ場所は、接待木が植樹されている高松琴平電気鉄道「コトデン栗林公園駅」(第83番札所一宮寺第84番札所屋島寺の間)です。

「接待木」活動のキッカケやその思い、また、高校生の貴重な意見も伺うことができました。

Facebook にシェア

7月10日放送内容の再生はこちらから  
これまでの放送が音でも楽しめます。今すぐクリック!
カテゴリー:シーズン2】 【タグ:

冷やしぶっかけうどんとお母さん

2016年7月3日(日)

第83番札所一宮寺に向かう道沿い、JR鬼無駅徒歩15分程のところにある【ヨコクラうどん】の創業は、江戸時代。現在の建物は、明治時代に建てられたもので以前はご家族の住まいだったところです。木造の作りと風通しの良さで夏でも冷房いらず。とっても風情のあるうどん屋さんです。

5代目横倉英城さんは、若いセンスを活かし、今までにないメニューやプレゼント用のうどんのお菓子など、老舗店として守るべきところは守り、そこに、積極的に新しいことも取り入れています。

夏、お遍路さんにお勧めのメニューを伺うと、讃岐の郷土料理の「ぶっかけうどん」の冷たいバージョンとのこと。これは、讃岐でも珍しい。そして、5代目のお母さんからは、お遍路さんとの心温まるエピソードを伺いました。

 

Facebook にシェア

7月3日放送内容の再生はこちらから  
これまでの放送が音でも楽しめます。今すぐクリック!
カテゴリー:シーズン2】 【タグ: