• AMラジオ四国4局共同制作
  • RNC西日本放送ホームページへ
  • JRT四国放送ホームページへ
  • RKC高知放送ホームページへ
  • 南海放送ホームページへ

一番札所 霊山寺~70年目の夏と50年目の夏~

2015年8月2日(日)

八十八ヶ所始まりの寺、徳島県鳴門市の一番札所 霊山寺に、夏本番がやってきました。猛暑の中でも、お遍路さんの足音は途絶える事がありません。

 

七月上旬。お寺に姿を見せたのは、岐阜県から来た横山宏吉さん。太平洋戦争の戦没者を慰霊するため、奥さんと連れだって、77歳にして初めての四国巡礼です。

横山さんの17歳年上のお兄さんは、太平洋戦争に出征していた昭和20年、フィリピンのレイテ島で、24歳の若さで戦死しました。「世界が平和であるように。戦争をしている国が傷ましい」と横山さんは話します。

 

霊山寺では、寺の創建以来初となる歌舞伎の上演に向けて準備を進めています。

半世紀前の昭和41年、歌舞伎役者の八世・市川団蔵さんが、四国巡礼のため霊山寺を訪れ、先代の住職と交流を持ちました。それが縁で、孫の九代目・市川団蔵さんが、霊山寺の大師堂で、歌舞伎を奉納する事になったのです。この夏予定されていた公演は九代目の怪我のため延期になりましたが、怪我の回復を待って、改めて公演の実現に向けてスケジュールを調整します。

 

様々な人にとって節目の年となった平成27年・夏の1番札所、霊山寺の音風景でした。

 

Share on Facebook

8月2日放送内容の再生はこちらから  
これまでの放送が音でも楽しめます。今すぐクリック!
カテゴリー:シーズン2】 【タグ: