• AMラジオ四国4局共同制作
  • RNC西日本放送ホームページへ
  • JRT四国放送ホームページへ
  • RKC高知放送ホームページへ
  • 南海放送ホームページへ

第七十八番札所 郷照寺

2015年3月29日(日)

 

札所で唯一境内から瀬戸大橋を眺めることができる郷照寺。

DSC_0063

この日は、薄い雲が広がり香川県側からの瀬戸大橋が少し見える程度でしたが、

晴天だと対岸の岡山まで眺めることができます。

ここからの眺望で特にお勧めなのが、夏の夕日。

夕焼けの様々な色模様が実に見事だそうです。

 

DSC_0061

縁起によると、神亀2年、行基菩薩によって開創された郷照寺。

行基菩薩は、55㎝ほどの阿弥陀如来像を彫刻し本尊として安置されました。

 

DSC_0067

お参りする時に上を眺めると、色鮮やかな絵天井が目に入ってきます。

彫刻で花などの植物が施され、一つ一つが実に見事です。

 

DSC_0065

また、ここは「厄除けうたづ大使」と呼ばれ、広く信仰されています。

大同2年(807)に弘法大師が訪れ、仏法有縁の地であると感得し、

大師自身の像を彫造し、厄除けの誓願をされたのが始まりです。

四国内はもちろん、関西や関東方面からも大勢の方がご参拝されます。

この日も、お大師さんと向き合ってのご祈願、どなたもスッキリとした晴れやかなお顔で

お帰りになっておりました。

 

Share on Facebook

3月29日放送内容の再生はこちらから  
これまでの放送が音でも楽しめます。今すぐクリック!
カテゴリー:シーズン1