• AMラジオ四国4局共同制作
  • RNC西日本放送ホームページへ
  • JRT四国放送ホームページへ
  • RKC高知放送ホームページへ
  • 南海放送ホームページへ

二十六番札所 金剛頂寺(こんごうちょうじ)

2014年3月30日(日)

第二十六番札所「金剛頂寺」は室戸市元、行当岬の高台に立つお寺で、一説には大師が創建した最初の寺とも言われています。正倉院様式の宝物殿には日本で唯一と言われる大師の遺品など、数多くの重要文化財が収蔵されています。

kon_01

行当岬に建てられた不動堂。女人禁制の時代、女性は不動堂から寺に向かい祈っていました。

 

kon_02

不動堂の後ろはすぐに太平洋が広がっています。

 

kon_03

正面の石段を登った所に建つ本堂。左手には霊宝殿があります。

 

 kon_04

捕鯨基地として栄えた室戸らしい鯨の供養塔。

金剛頂寺は別名「くじら寺」とも呼ばれています。

 

kon_05

「天狗問答」の伝説を描いた銅のレリーフ。

大師堂は足摺岬の方を向いて建てられています。

 

kon_06

大師堂のそばに置かれた「一粒万倍の釜」

大師が米を炊くと万倍に増え、飢えた人々を救ったといわれています。

 

 

 

Share on Facebook

3月30日放送内容の再生はこちらから  
これまでの放送が音でも楽しめます。今すぐクリック!
カテゴリー:シーズン1